レーンから流れてくる

以前国中チェーンショップも有名になっている循環寿司へ家族で行きました。長男と次男が無類の刺身好きなので月額1回は行くようにしています。
殊に二人の好きな材料がサーモンなのです。私も嫁さんもサーモンはきちんと好きな材料では無く、家でも出現する事が乏しいのになぜなんだろうとしてある。こんなカップルが循環寿司へ行くってサーモン争奪戦が始まるのです。
レーンから流れてくるサーモンは私の物だと言わんばかりに取り合うのです。ほとんどうちから後ろのレーンの方へは1皿もサーモンが流れて行っていないと想うあたり召し上がるのです。
そうして各回「そちら私のだから」といった姉妹喧嘩を始めるのです。
4歳になる次男は長男にサーモンを取られてしまい常に泣かされてある。しかも次男はサーモンしか食べないのでシャリはぼくや嫁さんが担当する案件になってしまうのです。せっかく循環寿司に来ているのに私達は酢食べ物ばかりを食べ腹がいっぱいになって帰ってしまっています。
家でサーモンの刺身を買って取るか?と聞いても「取り除ける」と答えるので循環寿司にくるが、いまひとつ意味が無いように思ってある。恐らく循環寿司のレーンや心地が子供たちにおいて魅力となっているのではと思いました。
出会い系サイト宮崎都城市はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です