凄まじい頑張ったし

食材の狙いに関しましていやに規定的僕は、土台たえず同じようなものしか食べません。
しょっぱいスナックだったらポテトチップス。
生易しいスナックだったら、チョコレートかけのクッキー。
アイスクリームなら、バニラアイス。
マクドナルドなら、チーズバーガー。
コンビニで昼めしをかうなら、たまごサンドかすじこおにぎり。
朝ごはんは茹で卵ってサラダ。
ミールの世の常は、塩鮭と汁物。

規定類も行き過ぎると、多少の関心を持ち合わせる人から見ると不気味なようです。
仕事場のそれぞれからは、些かからかわれたり行う。
「○○氏、飽きないの?」
なんて、何人の個人に言われたかわかりません。

ほっといてよ、なんてひねたことは言いません。
けど、僕にとっては、食で冒険終わるは、いつでも美味く食べられるのであって、あんまり不自然なことでもなんでもないのです。

「飽きないよ。美味いから」
と答えるのですが、笑われるんですよね。
なんででしょう。

そんな僕ですが、最近何だか急に新しいことがしてみたくなって、今まで食べた主旨のないものに挑戦しました。

注文してカップをもらって、自分で器械にセットしたんですよ!
ドキドキして、これで合ってるのかなって、何度も確認しました。
出来上がったホットカフェラテにふたも正しくつけましたし!

僕は、小学校の頃に戻ったような内心でしたよ。
目新しいことをしたときのの、脈動イメージが。
カフェラテはおいしかったし、凄まじい頑張ったし、素敵な一日になりました。

けれどもまったく仕事場の個人には言っていないんです。
こういう熱血が薄れないうちに近しい個人にしゃべらなくてはと、思っています。

きっと、笑われるんだろうな。出会い系を愛媛県松山市で使うならアプリがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です