家族でおにぎりを食べながら

過日家族で信州の松本城で遊んできました。
3回目線だ。
信州の中央に位置する松本城は仮名カラスのお城と呼ばれ信州者はもとより全国の年季好きな先方に親しまれています。
その仮名の先駆けはお城の設備の周りの困難を黒い漆喰で塗り固めてあるからだ。

お城を本編が感じるポジションから良く見ると、確かに黒い部位以外はほとんどありません。
理由は諸説あって確実なものはありません。

珍しいことに戦国時代には既に松本城は築城されておりましたが、大きな戦がこういう城をめぐっては一度もなかったのです。

松本城は天守閣も含め全員が築城当時のままです。
改変はされておりますが築城当時のまま残されているお城は日本に多くはありません。
これからも大事に保存していかなければならない大事なお城だ。

多くのお城は明治維新の時取り壊されてしまいました。
もったいないことをしたものです。
松本城はグレードを登って天守閣まで上がれます。
グレードは唐突ですが手すりがついていて安泰だ。

天守閣から当てはまるパノラマはアルプスをはじめ松本平一帯だ
晴れていれば槍ヶ岳、穂高岳、白馬岳など夏季もスノーをかぶった著名な山中の種々を見ることが出来ます。
今回は幸いにも晴れていて眺望がひどく、しっかり見ることが出来ました。

近くには大正池で知られている上高地やワサビ畑で有名な安曇高原がありツーリストでにぎわっている。

松本城周辺も堀で囲まれておりますが、その外装は広大な公園になっており緑手広く気持ちよい本心にさせてもらえる。

松本城は俗習・アート都会です松本市の合図であり、日々松本城公園で国際コマンダー小澤征爾氏による信州のBGMを愛好する1,000者を超す子供たちによるライブや小澤征爾記憶BGM祭が行われております。

松本城の晴々さや端麗さはその場をめぐってこそすばらしくわかります。
昔の者がかわいくそんなものを作ったものだという感心します。
おんなじことは姫路城にも熊本城にも言えます。
何でそんな建築テクノロジがあったのでしょう。

お城前の公園で記録を敷いて、家族でおにぎりを食べながら、自然に囲まれて楽しい一日を過ごしました。出会い系を山口県下関市で使うならアプリがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です